RESEARCH

大容量の光符号分割多重アクセスシステム

光符号分割多重技術は、高い周波数利用効率や非同期通信性といった特徴を有しています。 本研究テーマでは、基地局と各加入者宅における通信速度の高速・大容量化を目指すべく、光符号分割多重技術を導入した光アクセスシステムを検討しています。

大規模な光ラベル処理システム

光パケットスイッチングネットワークでは、各ノードは光ラベルを用いてパケットの宛先を管理します。 近年では光ネットワークの大規模化に伴い、膨大な数の光ラベルを処理する必要が出てきています。 この課題に対して、本研究テーマは光符号、波長、偏波を組み合わせた多次元光ラベルの実現に取り組んでいます。

反射型半導体光増幅器を用いた次世代光アクセスシステム

光アクセスシステムでは、加入者端末のコスト削減と通信速度の向上が課題となっています。 反射型半導体光増幅器と光多値振幅変調技術の導入を通じて、本研究は費用対効果に優れた次世代光アクセスシステムの検討を行っています。

光多値振幅変調信号を対象とした光波長変換システム

光多値振幅変調技術は、直接変調・検波により光通信システムの高速・大容量化を実現できます。 本研究テーマでは、今後の発展が期待できる光多値振幅変調技術に注目して、半導体光増幅器に基づく波長変換器を提案・評価しています。